うこうざん石雲寺
由緒と沿革 写真集 年中行事 参禅会と梅花講 トピックス 交通案内 リンク ホーム
写真集 ほとけ様 歴史的文書 美術品など 石雲寺の四季
歴史的文書 拡大写真 →  クリック

徳川家康朱印状写し 北條幻庵朱印状
徳川家康朱印状(写) 北條幻庵朱印状
  天正19年(1591)、徳川家康から
 受けた朱印状の写本です。明治新政府に
 旧幕府から拝領した朱印状を提出するに
 あたり、当時の石雲寺住職が書き写した
 ものと考えられます。
  北條幻庵の朱印状原本と写本を見比べ
 ると寸分違わぬものですから、この朱印
 状も元本に極めて忠実に書写されたもの
 だろうということが推測されます。
  天文12年(1543)、小田原北條家
 当主、氏康の叔父にあたる幻庵から受け
 た朱印状で、印文は「静意」石高は5石
 を拝領しています。この年北條氏は武蔵
 相模、伊豆で「検地」すなわち所領調査
 を行っています。
  日向の地はいわゆる「知行地」で幻庵
 が管理統治していました。本文の意味は
 「北條家が保護する寺院であるから、不
 当な妨害は許さない。むやみに寺域に立
 ち入って竹木を切るなど秩序に背く者が
 あれば申し出なさい」という内容です。
  明治になって新政府に差し出す場合を
 考えて写本も作成されましが。幸い提出
 をまぬかれ、現存しています。
石雲寺本堂絵図
石雲寺本堂絵図
           明治12年、当寺12世、大應童祐大和尚の
          時代に描かれたものです。現存している本堂の
          絵図ですが後に本堂は土間だった部分に床を張
          ったりして手直しをされていますので、茅葺の
          屋根や正面入口の造作などに当時の様子がしの
          ばれます。
           境内地は394坪で、官有地第4種と記載さ
          れているところから、境内地のすべてが一旦官
          有となり、のちに寺の所有に認められたことが
          推察されます。

頁先頭へ 頁先頭へ
Copyright (c) 2004 Ukouzan Sekiunji Temple